子宮筋腫の症状と治療

病気はどんな病気になってもつらいものですが、女性には、男性にはない特有の病気がありますので、そういった病気についても気をつけたいものです。
女性特有の病気の中でも、とくに身近な病気に子宮筋腫があげられます。

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍で、成人女性の多くがかかる病気です。
具体的にどのような症状が出てくるのかというと、まず生理時の経血の量が増えたり、10日以上などなかなか終わらないことで気がつくこともあります。

それから、経血がレバーのような塊の血で出てくることもあり、さらに経血量の増加で貧血が起こることがあり、めまいや立ちくらみが起こったり、そして健康診断の血液検査の結果からわかることもあります。
そのほかではおりものの増加や腰痛、腹痛、そして頻尿などの症状が出ることもあります。

さらにお腹をさわってしこりで気がつくこともあるそうです。
気になる症状が出てきたら、放置せず早めに検査を受け、必要があれば治療を行うようにしたいものです。
治療の方法にもさまざまあり、筋腫があっても経過を見ていくだけですぐに治療しないこともありますし、漢方薬なども注目されています。

さらにホルモン療法や筋腫が大きくなっているときは手術が行われることもあります。
手術は筋腫だけ取り除くこともありますが、子宮の全摘出が行われることもあります。
中年期の女性に多い症状ですが、若い世代にも起こり得る病気ですので、気になる症状が出てきたら早めに医療機関に相談したいものです。

子宮筋腫の症状と手術について

子宮筋腫という病気は女性特有の病気であり、30代から40代の女性に多い病気です。
症状がないけれど調べてみるとあったという方も多くいるもので、私の友人も妊娠した事から発覚した事がありました。
子宮筋腫があるからといって害があるわけではない場合もあり、経過観察という場合も少なくありません。

しかし、症状が出た場合は早期に病院に行き手術をするという事をお勧めします。
症状としては、普段の生理痛よりもひどい痛みがあるという場合や、出血がある場合があります。
生理が普通にある場合でも、生理の出血の量が普段よりも随分と多いという場合や、生理というものが普段よりも随分と長いという場合にも気をつけなければならないものです。

そういった少しの変化も気のせいであると見逃さずに病院に行くという事も、子宮筋腫の早期の発見になるものなので少しおかしいなと思った時はすぐに病院にいきましょう。
子宮筋腫がみつかった場合は、腹部を切開して子宮を取り除くという手術の他に、腹腔鏡手術という腹部に小さな穴を数ヶ所開けて行う比較的傷が小さく痛みが少ない、体に負担が少ない手術もあります。

膣式手術という、膣から子宮を摘出で表面的な傷が残らないという手術もあり、それぞれの子宮筋腫の大きさなどによっても手術内容が違うので病院で受ける手術について聞いてみると良いと思います。
全くの無知であるよりも知識があるほうが手術も随分と安心して受ける事ができるものだと思います。

 

関連ページ
子宮筋腫:病気を知ろう:日本産科婦人科学会

 

機能脳神経外科

脳神経外科の中には、機能脳神経外科と呼ばれる科があります。
この科は、痛みの治療に特化しており、湿布や投薬では治らないしつこい痛みに対する治療を行います。

具体的な治療方法には、痛みを感じさせる神経組織を一部破壊する、神経破壊術というものがあります。
これは、怪我などで失った手足が痛む幻肢痛や、がんによる痛みなど、様々な痛みに対応しています。
神経組織を破壊するというと乱暴な治療法のようですが、どこがどのように痛むのかによって細かい方法があり、専門的で効果のある治療法となっています。

「神の手を持つ男」と言われる福島孝徳ドクターは「鍵穴手術(キーホール・オペレーション)」と呼ばれる手術法を考案した人です。

もう一つが、電気刺激療法です。
これは、脳や脊髄に電気を流して治療する方法です。
神経破壊術は一度で終わる方法ですが、こちらは、効かなかった場合はやり方を変えるなど、調整が可能な治療方法です。
電極を体に取りつけて電流を流しながら、痛みがどう変化するかを細かくチェックしながら行うことができるのです。

そして、効果が認められるようであれば、電極を埋め込む手術をすることになります。
以前は前者が主な治療法として行われていましたが、最近の脳神経外科では、安全性や治療に融通が利くことなどから、こちらの方法がとられることが多くなってきています。

 

不妊症治療は精神面も問題です

不妊症はとても根深い問題です。
単純に考えたら「子供が出来ない」というだけのものと思うかもしれません。
ですが実際には子供が出来ないという事は、女性にとっては尊厳の部分にかかわる問題です。

女性であれば基本は誰もが妊娠出来るものです。ですが、それが出来ないのです。
女性としての尊厳が傷付いてしまうのは言うまでもないのではないでしょうか。

実際、不妊症治療を行うのが屈辱だと感じている女性もいるようです。
治療せずとも妊娠・出産している人もいるのに、なぜ自分はわざわざ治療までして妊娠しなければならないのかと嘆く事もあるとか。

この事からも解るように、不妊治療は精神的な負担がとても大きいものです。
時には女性としての尊厳を著しく傷つけられてしまう事だってあるかもしれません。
また、自分自身だけではなく夫も同じように苦しむかもしれません。

それでも子供が欲しいのであればその現実と向き合わなければならないのですから、決して簡単な問題ではないでしょう。
治療に当たっては費用の問題もあるのですが、それ以上に精神的な面でも大きな負担を強いられる事になります。

その点まで覚悟した上で、不妊治療と向き合わなければならないのです。誰だって自然な形での妊娠・出産を望んでいるはずです。
それが治療に頼らなければならないのです。

「女性として何かが劣っているのではないか」と考えてしまいがちになるのも解らない話ではありますが、精神的に挫けては、そこで終わりなのです。

 

おすすめのホームページ

たった1回60分のプライベート・レッスンを受けただけなのに、体がウソみたいに軽くなりました
ヨガ教室 大阪